お嬢様は逃げ出したの漫画あらすじ

お金持ちの家の娘として何不自由ない暮らしをしてきた主人公の静香。
この日、静香は会社社長である父親に呼ばれ、慣れないパーティーに駆り出されていた。
どうして自分のような者が父親のパーティーに……
静香は疑問に感じていたが、それはすぐに解決した。

父親は自分を政略結婚をさせ、会社の力を大きくしようと企んでいたのだ。
相手は大学生でありながら、ベンチャー企業を設立し、業界の話題を集めている男 光一。
父親は光一のような相手と会社の関係を結ぶために娘である静香を呼びつけたのだ。

光一は静香の美貌にかなり興味をもった。
しかし、静香は光一の持っている軽いナンパのような口説きにうんざりしていた。
こんな相手を好きになることなんて考えられない。
そう思っていた。

大企業の娘としてこのままいけば、父親と光一の策略で結婚するのは目に見えていた。
お金持ちの娘として暮らしてきた自分が普通の恋愛をして、普通の結婚をすることはない。
普通の女の子として振舞うことはないと覚悟してきたつもりだった。

しかし、このまま光一のように自分の中身ではなく見た目だけで判断する相手を一生を添い遂げることは静香には考えられなかった。
静香は決めた……この家から逃げ出そうと……

静香は1人で逃げることはできなかったが、彼女の隣には心配する透という使用人がいる。
お嬢様と使用人以上の関係を持ってしまった静香と透。
2人は普通の幸せを手に入れるために、立場を捨て、庶民として隠れて暮らそうとした……

タイトルとURLをコピーしました