秘密の通学電車~シツケの時間~のあらすじ

真面目な女子校生が痴漢によってエッチに開発されてしまう。
『秘密の通学電車~シツケの時間~』はそんな可愛い女の子の調教ストーリーです。

 

主人公の亜美は大人しくて、読書好きの優等生。
体育が苦手で、少し天然が入っている点を除けば、どこにでもいる普通の女の子でした。
そんな亜美が苦手に感じているものがあります。
それは塾の帰りに遭遇してしまう電車の痴漢でした。

亜美が通っている塾から帰るのは夜の8時以降。
通勤帰りのラッシュと時間が重なってしまいます。
亜美は可愛い容姿をしている上に巨乳のスタイルも持っています。
当然のように普段から痴漢の被害にあっていました。

 

『どうしよう……また痴漢だ…』

イヤだと思っても亜美にはどうすることもできません。
大人しい亜美は痴漢に合っていることを注意することができませんでした。
こんな経験は何度もありました。
そして今日も亜美のいやらしい身体に引かれて鬼畜な男が痴漢してくるのでした。

その男は普段亜美を痴漢している男とは性質が異なりました。
最初はお尻を触る程度でしたが、亜美の身体のイヤラシサに興奮し、胸やお尻を直接触ってきたのです。
また、自分の肉棒を亜美のお尻に擦りつけ、興奮を高めようとしているのです。

最初は嫌がっていた亜美ですが、男の執拗な痴漢行為にオンナの部分を刺激されていました。

そして、このままこの男に身体を弄ばれたらどうなってしまうのか……
そんな事を考えるようになってしまったのです。

そして、男にお金をちらつけれてしまう……

お金というようりもさらなる興奮を味わいたくなった亜美は、その提案に乗ってしまう。
こうして、読書が大好きな大人しい女の子は、痴漢の魔の手によって、少しずつ確実に牝奴隷としての調教を受けるようになっていく。

タイトルとURLをコピーしました