ボクの初めてはビッチギャルのあらすじ

クラスでも目立たないオタク少年ヤマダ。
アパートを貸して1人暮らしをしているヤマダは、今日も家の近くにあるコンビニに買い物に行った。

そこで人生を変える出来事が待っているとも知らずに……

 

コンビニで出会ってしまったのが、道重可憐、椎名ゆずりか、桐島ソフィアのギャル3人組。

彼女たちは美少女ギャルで、ヤマダとは話もしない普通のクラスメイトだ。

しかし、彼女達はエッチのハードルがとても低いビッチな属性を持っていたのだ。

 

 

ギャルでビッチな道重可憐、椎名ゆずりか、桐島ソフィアの3人組をヤマダは少し苦手意識を持っていた。

できれば、関わりたくないと思っていたが、彼女たちのほうから話しかけてきたのだ。

理由はもちろん、ヤマダの部屋で泊まること。

 

終電を逃してしまった彼女達は行く場所がなくなって、どうしようか迷っていたのだ。
そこに都合よくヤマダが現れたのだ。

 

ギャルでビッチな道重可憐、椎名ゆずりか、桐島ソフィアたちを自分のお城に招くなんて冗談じゃない。
そう思ったヤマダだったが、強く言う気にもなれず、彼女達を部屋に招いてしまう。

 

ヤマダを異性と思っていない彼女達は、男の部屋でもとても大胆に過ごしている。

童貞なヤマダはそんな彼女達の露出の高い格好を見て、ドキドキして勃起してしまった。

ビッチな彼女達は、ヤマダの行動を見て、面白がっていた。

 

せっかく泊まらせてくれるヤマダに何もしないのは申し訳が無い。

それなら、ヤマダの童貞をいただいちゃおう

誰が言うまでもなく、そういう話になってしまった。

 

まだ女性経験がないヤマダは本当は好きでもない女の子とエッチなことはしたくなった。
しかし、経験豊富な彼女達の責めはとても気持ちがいい。

こうしてビッチ3人組のエッチな恩返しが始まった。

タイトルとURLをコピーしました